危険な蜂に注意!駆除は業者に依頼することが大切

男性

厄介な外来生物

雑食性であるアライグマは畑の作物を荒らす、家畜を襲う、病原体を持っているといった理由で害獣となっています。さらに外来生物であるため、既存の生態系に悪影響を与えるといった観点からも積極的に駆除が行われています。

スチームで駆除

トコジラミは吸血性の害虫ですので、見つけたら早めに駆除する必要があります。自分でトコジラミ駆除を行う場合は、スチームクリーナーを活用してみましょう。トコジラミは熱に弱いので、高温のスチームで駆除するのです。スチームであれば卵まで、駆除出来ます。

スズメバチを退治する

困る人

スズメバチとは、ミツバチなどのほかの蜂を含めても最も危険な部類に入る昆虫で、オオスズメバチやキイロスズメバチなどいくつかの種類があります。これらの蜂は人間の生活圏のすぐそばに巣を作るので、やはり生態を知っておく必要があります。では、どのような昆虫なのでしょうか。これらの蜂は基本的に、春先から秋にかけて活動を行います。春に巣を作り始め、秋に最も数が増えます。加えてこの時期は繁殖期にあたるため攻撃性が高く、人間への被害が一番増える時期でもあります。では、被害にあわないようにするにはどうすればよいのでしょうか。基本的には巣に近づくことがないようにしておけば安全です。また、知らず知らずのうちに近づいてしまった場合は、静かにその場を離れるようにしましょう。

もし巣を発見したのであれば、やはり蜂を駆除する必要があります。ではどのような駆除方法があるのでしょうか。スズメバチの巣の場合は非常に危険であるため、自力での駆除はやめておく方がよいのですが、他の種類の蜂の巣で大きくないのであれば自力で駆除することができます。ただし、無理はしないようにしましょう。自力で駆除する場合にまず必要になるのが防護服です。また、頭部を保護するネットも用意する必要があります。さらに、殺虫剤や棒、巣を入れる袋などを用意します。これらの準備を整えたうえで駆除を行いますが、時間帯は蜂の活動が鈍る夕方以降に行う方がよいでしょう。そのため、照明を準備する必要があります。なお、自力での駆除は十分な安全対策をし、無理そうだと感じた場合は迷わず業者に依頼した方がよいでしょう。

うまく対処

スズメバチは、秋になると、スズメバチの巣に近づく相手を敵とみなして、警告を行い、さらに近づくものを攻撃してきます。この標的にならないよう、黒っぽい格好を避け、昼間はできる限り近づかないようにすることが、駆除を行うまでに気を付けることと言えます。