危険な部類に入る蜂に注意|駆除は業者に依頼することが大切

作業員

うまく対処

蜂の巣

根本解決してくれます

秋になると暑さも気にならず、気候がよくなり、あちこちでイベントが開かれるため、人出も多くなってきます。一方で、虫は数を減らしていることで、それを餌にしているスズメバチの仲間は、種の存続のため、なりふり構わず餌を求めるようになります。そのため、ミツバチの巣が襲われるようになるのも、この時期であり、被害報告が聞かれるようになります。そのころのスズメバチの巣は、ますます大きくなる傾向に有り、警告を無視して、そばに近づくものは敵とみなし、一斉に襲い掛かるのです。こういった場合、人との生活圏と、スズメバチの巣の警告域が重なった場合、高い確率で被害発生することとなり、根本解決のためには、スズメバチの巣を駆除することが求められます。

驚かせないこと

スズメバチの巣ができていることに気が付いた場合、その被害を避けるための方策は、スズメバチの巣を駆除することではあるものの、駆除するまでの期間は、できるだけスズメバチを驚かせないようにすることが必要です。特に、スズメバチは黒い色のものを敵とみなす傾向にあり、白い色に近いものほど、攻撃を仕掛けてこないことがわかっています。また、昼間に比べて、夜間はスズメバチの行動が緩慢になる傾向にあることから、どうしても近づく必要がある場合には、これらを考慮しておくことです。一般的に、スズメバチは、いきなり襲ってくるのではなく、近づく相手に威嚇をすることが知られています。そのため、スズメバチが興奮していることを感じた場合は、速やかにその場を離れることが大切で、駆除を行うまでの行動として、頭に入れておくことが重要です。