危険な部類に入る蜂に注意|駆除は業者に依頼することが大切

作業員

厄介な外来生物

アライグマ

何でも食べる危険な動物

人間にとって動物とは、時にパートナーとなる存在であり、時には危害を加える存在です。ペットとして飼われている動物であっても人を襲ってしまうこともあります。また野生動物が畑を荒らしてしまう被害も各地で絶えません。近年、駆除の依頼が増加している動物がアライグマです。アライグマは雑食性で、植物だけでなく昆虫や小型の哺乳類も捕食します。作物が荒らされるだけでなく、家畜やペットが襲われてしまうこともあるのです。加えて人間にとっての病原体を保有している場合もあり、噛まれたり引っかかれたりすることで病気になる危険性も指摘されています。元来、日本に生息していなかったアライグマは駆除対象の動物になっているのです。

被害にあったら相談する

アライグマは夜行性であり、人間の活動している昼間にはあまり姿を見せません。そのため捕獲には罠が用いられます。エサを用意しアライグマを檻の中に引き寄せて捕まえるのです。このような手法を個人で行うことは難しく、うまくいったとしても捕まえたアライグマの処分に困ってしまいます。かわいそうなので遠くの山に放してくる、といったことをしてはなりません。アライグマは外来種であるので、放された先で生態系に悪影響を与えてしまいます。被害が多い地域ではアライグマの駆除に力を入れている自治体もあります。該当する窓口がないか役所に問い合わせてみることが必要です。もしそのような窓口がない場合は害獣駆除を行う業者に相談するのがよいのです。